カテゴリー:道産子留学生への想い

留学カウンセラーってどういう服装?

今月から新スタッフが加わり、この北海道留学センターブログも新スタッフNaokiも早速更新してくれてますが、それに伴って私が全然更新してない等の声も言われたりなので(苦笑)

久しぶりにブログ更新したく思います

本日のブログテーマとしては、「留学カウンセラーの服装」について書きたく思います

 

新スタッフのNaokiが新しく入るに当たって以下の質問を受けました

「東出さんどういう服装で仕事すればいいですか?」

それに関しての私からの回答は

「相談に来られる方に不快にならない服、またはダサい服はダメ」と回答しました

よく大手の留学会社のカウンセラーの方などはスーツ・ネクタイ着てカウンセリングされたりとかあったりしますが、個人的考えとして、スーツ着た方と話しすると「営業色」ってのを感じるので留学カウンセリングを受けていて何か心から相談出来るかなっておもったりするわけです。もちろんそういう風には感じないよって人もいると思いますが

 

例えば当センターの場合、相談に来られる方の70%くらいは20代の方かなって思います(残りは10%・・・10代、10%・・・30代、10%・・・その他ってところでしょうか)

私たちの仕事ってのは、相談に来られるメイン層の20代の方や10代、30代などのが留学に対して思ってる想いなどを受け止めて、答えてあげて方向性を作ってあげたり、そして留学中サポートするってのがこの留学カウンセラーとして仕事かと思います

いかに「心」があって、一人一人と向き合えるかってのが仕事かと思います

 

その上で

北海道留学センターの考え方としてはこの仕事にスーツ・ネクタイは基本不要って思ってます。

また違う観点で言うと、スーツ着用会社が手配費やらサポート費取って、学生さんからの満足度がないよりも、留学された学生さんが満足してくれて違う学生さんを紹介してくれる

北海道留学センターは2009年開始以来このスタイル確立出来ました。これからも全く同じです

 

なので新スタッフNaokiにも常々同様の話はしてますが

留学カウンセラーとして学生さんに少しでも話しやすい・相談しやすいって思ってもらえるようにって思うばかりです。



先週末土曜日はオーストラリア現地オフィスからスタッフ参加のオーストラリア留学セミナーでした。セミナー終了後アンケート読みましたが参加された方皆凄く良かったって、回答頂きました(このセミナーの件は後日別ブログで・・・)

これからも北海道留学センターはノーネクタイで「心と心が触れ合う」留学カウンセリングご提供させていただきます