カテゴリー:休学留学考え方/アドバイス

ワーキングホリデービザを使っての休学について

休学留学などを考えてらっしゃる大学生から相談を受けるようになって

良くある質問でもありますが・・・

「ワーキングホリデーで休学って「ホリデー」って言葉入ってるから就職活動に影響しますよね?」って質問、特にこの手の質問されるのは就職活動が控えてるけど、別に就職したいわけじゃないからワーキングホリデービザを使って休学してみるのも選択肢かなって考えられてる方が多いかなって感じます

確かに「ホリデー」って言葉入ってます

 

見方によれば、休学して海外でちゃんと勉強したいなら学生ビザなどでちゃんと勉強出来るだろうってお考えの企業の方もいるでしょう。

まあ、確かにそれも一理あるとは思います

でも・・・1年留学って経済的負担が物凄くかかることでもあります。そんな気軽に出来る事じゃないってのも事実です。カナダにしろオーストラリアにしろ1年留学ってなったら250~300万円くらいはかかりますので。

それゆえ学生ビザで休学留学出来る学生さんは必死に頑張ってほしいって思いますし

また、1年の留学は費用負担が厳しいので、断念せざるを得ない。。。

 

でも諦めたくない

そういった大学生に残された、可能性を秘めてるのががワーキングホリデービザってものだと思います

だからいつも思います。

まあ、過ごし方次第でいくらでも「ホリデー」「遊学」にはなりますが

同じく過ごし方次第で、成長することができるのもこのビザの魅力だと思います。

 

少なからず北海道留学センター1号の生徒さんはワーキングホリデービザを使ってオーストラリアへの休学留学でした

そんな彼も、今では就職して日本屈指の大手商社で活躍されてます。

「ホリデー」って見られるから悩んでる。

何か・・・ちょっとsれじゃあ、自分で可能性潰してるなって凄く思います

 

あくまでワーキングホリデーってビザは休学留学の選択肢の1つで、過ごし方次第で大いなる可能性秘めてる魔法のビザだと私は思います

1