カテゴリー:休学留学考え方/アドバイス

質問力をアップさせることは色々と役に立つ

留学事業をしてると、多くの方から問いあわせ(=質問)がありますが。

よく聞かれる質問もあれば、そういった事質問するか~っていうような初めて聞かれる質問などもあって、初めて受ける質問あった際は非常に勉強になります。

それで北海道留学センターではHPのトップページに「Q&Aよくある質問集」ってページあります。

留学やらワーホリに関して一般的Q&Aから始まり、今までに実際に聞かれた質問など、現在毎日1つQ&A質問集をアップしております。なのでこれから留学・ワーホリされる方などは是非参考にしてくださればと思います。

このページをチェックすることで疑問に思ってた点を解決出来たり

自分と同様に留学/ワーホリする他の方がどういった事質問してるのか?とか参考になるかなとは思います

ここも出来る限り北海道視線でのQ&Aページにするように出来たらと思ってます

 

またQ&Aに絡み、最近感じる事のひとつに質問力ってのも凄く大事だなってのは、問いあわせを受ける立場になると非常に感じます

例えば私が答えるのに困る質問が

「来年●月からワーホリしたいです。見積もりください」

この質問は、非常にざっくり(大雑把)しすぎて、回答するにもこの場合こちらから追加質問をさせて頂く必要があります。その方が現地へ到着してからどういったワーホリされたいのかその希望が分からないので・・・

 

同じくワーホリの見積もり質問の場合でも

「来年●月からオーストラリアへワーホリしたいです。都市は決めてませんが最初3ヶ月学校へ通って、そのあと現地で仕事見つけて過ごしたいです。その場合の初期費用見積もってください」

「来年●月からカナダへワーホリしたいのですが予算100万です。この予算内で出来るプラン作ってくださりますか?」

これなら、概ねの金額でこちらからすぐ見積もり出せます

 

質問の仕方ってのは就職活動などでも凄く重要だと思います。企業側への質問をするにも大雑把な質問でなくて「具体的」業務内容やらを質問することって重要だと思いますし、留学中も違う国の人と友達が出来て、会話をするわけで、その際英語で質問をすることになると思います。

その際質問力あるとコミュニケーションも弾むのではって思います

16545261252_3142da2a60_z