Naoki

助動詞、大事!

2020年8月7日
「コーチが注意すべき「must」と「should」の使い方 理不尽な言葉が選手に及ぼす悪影響」 先日Yahooニュースにこんな記事が掲載されていました。(以下、本文の一部抜粋) ************** 面白い実験データがある。 ある大学に2人のゲストコーチを招き紅白戦を行った。 片方には理不尽なコーチがつき、試合中のミ...
≫続きを読む

セルフイメージと英語

2020年7月31日
「人はセルフイメージに合わせて自然に行動するようにできている」 セルフイメージ(self-image)というのは文字通り「自分自身に対するイメージ」のこと。 端的に言うと、自分自身に対するイメージが自分の行動に大きく影響するよというお話です。 ネガティブなセルフイメージを持っていれば、自信がない人なりの振る舞いをしてしまう...
≫続きを読む

There is/are~.で「~がいる、ある」...

2020年7月17日
Once upon a time, there were an old man and his wife. 「昔々、おじいさんとおばあさんがいました」 さあ、今週も「え、そうだったの?」を提供する時間がやってまいりました。 今回のテーマは There is/are~. 中学生のとき、「~がいる、ある」と言いたければ There is~. There are~. を使うと習いましたよね。 と...
≫続きを読む

やれと言われるとやりたくなくなる

2020年7月10日
「ゲームは1時間までにしなさいよ」 子供の頃、僕の家にはゲームは1時間までというルールがあった。そういう約束をして初めて買ってもらったゲームがポケモンのグリーンだ。 はじめは時間をきちんと守ってやっていたけれど、そのうち「もっとやりたい」という気持ちが出てきてついつい1時間を過ぎてしまう。そうするとすぐに「ゲームは1時...
≫続きを読む

異文化理解とは心の余裕を持つこと

2020年7月2日
グローバライズしている現代において異文化を理解する能力というのはとても大切だと言われています。 大学にも「異文化コミュニケーション」なる授業があったし、僕がゼミで履修していた「社会言語学」も文化的な差異がどう言語に影響するか、あるいは言語がどう社会に影響するかみたいなことをテーマにしていました。 カナダとフランスで...
≫続きを読む

昨日見た夢

2020年6月26日
僕は今、北海道留学センターのカウンセラーとしての仕事のほかに、某予備校で高校生に英語を指導する仕事もしています。 その予備校を舞台になかなかしんどい夢を見て、寝起きにいろいろと思うことがありました。 どんな夢だったかというと、「生徒からの質問に答えられないときにスマホで検索をして指導をしているという報告が複数の...
≫続きを読む

先が見えないことへの不安にどう立ち...

2020年6月19日
コロナで留学業界は大打撃を受けています。 多くの現地の学校は政府からの助成金や一時的なスタッフのレイオフ(解雇)を駆使しつつ、オンライン授業を導入して運営を続けています。 カナダでは、バンクーバーが来週から経済活動再開プランの第3フェーズに移行する予定となっており、ホテルやリゾート地、大学やカレッジなどの教育機関の...
≫続きを読む

バンクーバーで留学生にお勧めのカフ...

2020年6月12日
コロナの影響もあり少し帰国を早めて3月末にバンクーバーから戻ったKanakoさんと先日ランチをして、現地のお話をいろいろ聞かせていただきました。 とても充実した日々を過ごしていたなかで急遽決まった帰国ということもあり、そこは残念がっていましたが「行ってよかったです」という一言をいただけてこちらも嬉しくなりました。 そ...
≫続きを読む

時制を過去にするだけじゃない!過去...

2020年6月5日
「コロナがなかったら今頃はカナダにいたのになぁ」「コロナがなかったら急に帰国をする必要なんてなかったのに」 そんな状況に直面してしまった生徒さんのことを思うと、本当に心が痛くなります。 カナダ国内の状況としては、バンクーバーのある西側のブリティッシュコロンビア州では感染者の数が日毎に減少しており、いくつかの語学学校...
≫続きを読む

マイナスだけじゃない。コロナが教え...

2020年5月29日
札幌でもついに緊急事態宣言が明けて、徐々に日常を取り戻しつつあります。 3月からコロナが世間を賑わせ始めてから3ヶ月近くが経とうとしていますが、この3ヶ月で様々な「当たり前」が崩壊して新たな常識が生まれてきました。 外出時のマスク着用、ソーシャルディスタンス、テレワーク。 マスクやソーシャルディスタンスは一過性のも...
≫続きを読む