Naoki

to=→

2020年11月26日
英語ができるようになるためには英語のルール、すなわち「文法」の知識を一生懸命勉強しなくてはいけません。 ところが「文法」と聞いただけで拒否反応を示してしまう人もいることでしょう。 覚えても覚えても覚えることがなくならないループ、そして「この場合は違う」という例外の存在… そんな「文法嫌い」なあなたには、英文法を感...
≫続きを読む

まったく英語できない人のコミュニケ...

2020年11月20日
僕個人の経験、そして留学を経験した周りの友人や帰国した生徒さんを見ても、留学で一番伸びるのは明らかに「リスニング」です。これは明らかです。 僕は留学前はリスニングがとにかく苦手でした。力試しで解いてみたTOEICの問題も、リスニングの正答率は6割ほど。リーディングの方が明らかに得意だったんですが、1年のカナダ留学を終えて帰...
≫続きを読む

多様性に寛容な国、カナダ

2020年11月5日
性別、年齢、人種、宗教、価値観... 移民国家であるがゆえ、カナダで生活している人たちは実に多様です。そんな中でも国として大切にしているのは「全員が平等であるべき」という考え方。 日本でも最近ようやく活発になってきたLGBTQ2について、カナダではもう何年も前から真摯に向き合い、性的マイノリティの方々が堂々と暮らせるような...
≫続きを読む

サマータイムの罠

2020年10月30日
札幌もどんどん寒くなってきましたが、カナダではサマータイム が終了となります。サマータイム っていつまで経っても慣れないんですよね、、、 そこで、自分の勉強も兼ねてサマータイム について掘り下げてみたいと思います。 カナダのサマータイム カナダでは、3月の第2日曜日~11月の第1日曜日の期間中はサマータイム (英語では、D...
≫続きを読む

知りません、わかりません

2020年10月22日
高校2年のときオーストラリアのケアンズに3週間の短期留学をしたのですが、英語がほとんど話せない状態で渡航したこともありホストマザーの言っていることが1~2割しかわからず途方に暮れていました。 それでも彼女は僕にいろいろ話しかけてくれるわけで、こちらもなにかレスポンスせねばと必死になります。そこで乱用していたのが I don'...
≫続きを読む

カナダは銃社会?

2020年10月19日
海外留学を考える上で治安を気にする方は多いと思います。特にアメリカは銃社会で、銃乱射事件の報道を目にすることも少なくありません。そんな自由の国アメリカの隣に位置するカナダの気になる銃事情をリサーチしました。 まずはカナダの銃器の扱いについてみていきましょう。 カナダの銃器の取り扱い カナダでは、銃の所持は免許(5...
≫続きを読む

It’s raining. It’s pour...

2020年10月8日
カナダ留学で人気の都市の代表格バンクーバー 温暖な気候で冬でも雪がほとんど降らないため、「寒いところはもう懲り懲り」という方にはお勧めの都市です。 しかし、ちょっとした悩みのタネもあります。 それは、雨が多いこと。 バンクーバー は通称「レインクーバー」(Raincouver)と呼ばれるほど、雨が多い街として知られていま...
≫続きを読む

え?「私の友達」はmy friendだけじゃ...

2020年10月2日
留学中、自分の友達のことを話題にして話すことはよくあります。 「このあいだ友達に会ってさー」 「日本にいる友達が昨日の夜電話くれてさー」 こんなふうに「友達」と言いたいとき、真っ先に浮かぶ英語は「my friend」だと思いますが、「my friend」を乱用していると、相手に真意が伝わらない時があります。 「自分の友達」と言いた...
≫続きを読む

カナダの先住民族イヌイットとは

2020年9月25日
2020年7月にオープンしたウポポイ(民族共生象徴空間)。北海道を代表する先住民族アイヌの文化を伝承・共有するための重要な施設です。 北海道民としては、やっぱりアイヌに興味が湧くわけで、個人的に今行きたいスポットNo.1です。 さて、僕の第2の故郷カナダにもいくつかの先住民族が生活しています。カナダの憲法では大きく分けて...
≫続きを読む

カナダの州の名前の由来、知ってます...

2020年9月17日
3回にわたってお送りした「カナダの州の名前の由来」シリーズもいよいよ今回が最後です。 ここで取り上げる3つの州は、僕自身行ったことがないですし、留学生の留学先に選ばれることもほとんどないマイナーな州になります。が、一度訪れる価値のある場所だったりもするので、興味がない方も読んでみてください。 Yukon Territory(ユーコン...
≫続きを読む