カテゴリー:Kyoka

ラジオ放送で印象に残ったこと「フッ軽ってすごいな」

こんにちは。インターン生のKyokaです。

 

毎月第4火曜日に放送されているラジオ番組、

今月は、6年前にオーストラリアのヌーサでワーホリをしていたMihoさんをゲストにお呼びして、メインパーソナリティの東出さんとアシスタントの私で、彼女の留学体験談をお伺いしました!



Mihoさんの個性溢れる面白いお話がたくさん聞けて、すごく楽しかったですし、

私も「また留学やワーホリしたい!!」という気持ちになりました!!

 

その様子は、こちらの北海道留学センターのインスタ公式アカウントから、ぜひご覧ください!

 

このラジオ放送の中で、Mihoさんはさらっと話していただけなのですが、

私が心の底から「すごいな~」と思った部分があったので、切り取ってお話したいと思います。

 

それは、Mihoさんが留学失敗談を話しているときでした。

ずばりMihoさんの留学失敗談の1つが、「アルバイトを首になったこと」。私の周りには、アルバイトを自分から辞める人はたくさんいたけど、首になった人はいなかったので、多分めずらしいことだと思います(笑)

そして、その理由は、毎日飲みに行っていた結果、アルバイトに遅刻しすぎたからだそうです(笑)

笑いながら、その話をするMihoさんでしたが、そこには、別の真意がありました。



家で一人でいる時間があるなら、外に出てコミュニケーションしよう。一年しかないんだから。」

というルールを自分の中で決めていたそうです。

 

なので、とにかく外に出かけて、飲みに行って、色々な経験をしたそうです!

フットワークが軽いですよね。いわゆる「フッ軽」です!!(笑)

 

このお話を聞いていて、「フッ軽」でいることって本当にすごいなと尊敬しました。

みなさんも一人でいたい時間ってありますよね?

 

「フッ軽」になることってかなり難しいことです。

私は、もともとフッ軽な人間ではありません。

新しい人と出会うより、親しい人の中で遊んでいた方が、正直楽です(笑)。

 

海外にいたときは、「色々な経験をしよう」と意気込んでいたものの、

「英語で話すことに疲れたから、今日は自分の部屋で一人でゆっくりしよう」

「知らない人ばっかりの集まりだから、今回は断ろう」

「明日の朝、仕事が朝早いからやめておこう」

色んなことを言い訳にして、限りある貴重な時間を無駄にしていたこともあったなと、今振り返ってみると思います。

 

しかし、外に出て色んな人と出会うからこそ、新しい夢や考え方、価値観などが生まれ、成長していけるのだと改めて思いました。

私自身も、北海道留学センターで、インターンをやっていなければ、

Mihoさんと出会うこともなかったですし、「フッ軽」について、深く考える機会もなかったかもしれません。

 

海外にいるときは、なおさら、限りある時間の中、できるだけ多く外に出てコミュニケーションをすることで、多くの経験ができるでしょう。さらに、その中で必ず英語力も伸びてくるはずです。

 

留学やワーホリに興味のある方は、ぜひこのラジオの放送の様子を見てみてください!

留学失敗談はもちろん、学校の話や、ヌーサの話など、役立つ情報満載です!

 

Kyoka