カテゴリー:休学留学考え方/アドバイス

休学留学と就職活動について想う

留学と切っても切り離せない関係にあるのが「就職」って問題

大学生の方でしたら、休学留学を終えてそれからの就職活動になったりしますが。昨日留学から帰国した学生さんと会ってランチをした際に、僕が大学生だった時と今では、随分進化してるなって感じ、それに伴って思ったことが今日のブログです

 

東出が大学生時代(1996-2000年)と言えば?

はい、まず先に昭和生まれの私東出が大学生だったのは20世紀です 笑

私が大学生の時と言えば?世の中にインターネットが登場した時代でもあり、就職活動って言えば企業に資料請求のハガキなどを送って、送られてきた資料と一緒についてるエントリーフォームを手書きで書いて企業へ送るとかって時代でしたが、私の1つ上の先輩の就職活動の時から、就職活動を「インターネット」を使ってする時代になりました。

当時はインターネットを使って就職活動ってどうやるんだ?など、インターネットがまだ一般家庭までに普及してない時代だっただけに衝撃的な話でもありました。

ただ、私は幸いにも、当時のバイト先に北大に通う1つ上の先輩がいて、インターネットを使った就職活動の具体的方法を教えてもらったこともあって、私自身は当時は就職活動に関して超氷河期時代と言われてましたが、ネットをうまく使って就職活動を大学4年生4月には終了させることができました。

 

スマフォ時代の就職活動って・・・

そしてあれから約20年近くなる今・・・

時代はどんどん進化して、今やスマフォ時代

弊社からカナダへ休学留学を1年された大学生のKen君。休学留学を終えて、その後大学に復学して、そしてまた今度は大学の正規交換留学でスイスのビジネススクールへ昨年から行かれて、先月6月末に帰国しました

そんなKen君から先週末LINEで「就職内定もらいました」って連絡がありました

「え?帰国してまだ2週間経ってないけど、もう決まったの??ちょっとその辺含めてランチでもしながら話そうか」ってことになり

お祝いを兼ねて、昨日ランチをしてきました。

 

スイスでの事、そして具体的な就職活動の方法など話を色々聞いてると、Ken君が使ったのは「キャリアフォーラム・ドットネット」ってサイト

サイトは→ https://careerforum.net/ja/

このサイトにはスマフォのアプリもあるようで、Ken君はこのアプリをスイスに出発前にダウンロードしてから留学へ出発されたとのことで、スイスにいるときはこのアプリを使って情報収集してたとのことです。

そしてKen君の内定先は本社がアメリカにあり世界数カ国に支社を持つ、外資系企業の日本支社。Ken君の場合はスイスにいた時からSKYPEで一次と二次面接は行われてたとのことでした。

それで帰国後すぐに最終面接だけを東京で行なったってことでした。

 

休学留学の時間を大切に・・・

インターネットが世の中に登場し凄い便利になったと思ったら、スマフォが登場し更にどんどん世の中が便利になってきてます

それゆえ、仮に留学していても、就職活動の情報収集ができる時代と言えます。

特に外資系企業なんかは上記のサイトなどから人材募集する傾向にあるようなので、休学留学してたら就職活動の情報収集に不利になるって時代ではなくなったなと。少なからずKen君は留学中に一次と二次面接をSKYPEで行ってますので・・・

今後も同じようなスタイルの企業って増えたりするんじゃないかなって思います。

それゆえに今ではすっかり定着してる大学生の休学留学。1年など大学を休学してその時間を留学に使うってなった際・・・

帰国後の就職活動について

誰もが不安に思ったりするかもですが、今では情報収集がしやすい時代であるのは間違いないです。

なので、まずは英語の勉強などをしっかり頑張る。色々な人と話して価値観を広げる。そして自分自身を見つめなおし、自分自身と向き合って大学卒業してからどうしたいのか?などじっくり1年かけて考えたりすること出来ます。

世の中的には「働き方改革」って言葉とか出てますが、大学生の方にはそれ以前に大学卒業後はどういう人生送りたいのかなど考えなおすきっかけに出来るのが休学留学の時間だから出来ることかなって思います。

 

留学していても就職面接が出来る時代ですが、この先更に、留学していても就職活動に関してはもっと便利になったり幅が広がるんだろうなと思いました、